田舎暮らしするなら福岡へ!憧れのゆったりスローライフが送れるおすすめ移住エリアまとめ

「自然の中でのんびり暮らしたい」「田舎暮らしでも快適に過ごしたい」という方におすすめなのが、福岡移住。今回は、福岡出身の私が、スローライフを楽しみたい方におすすめの「福岡移住の穴場エリア」をご紹介します。

福岡は、ゆったりと田舎暮らしを楽しみながら、都会の便利さも感じられる「バランスの良さ」が魅力。また、中心地の博多や天神から空港まで約10分というアクセスの良さも、移住先として人気な理由です。

福岡というと、博多や天神エリアが注目されがちですが、スローライフを満喫するなら、実は他にもおすすめなエリアがあるんです。福岡で送れる「ゆったりスローライフ」に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

福岡移住が人気!スローライフにおすすめな理由

福岡移住が人気な理由は、都市部のアクセスの良さや、都市機能が凝縮されていることが挙げられます。しかし、福岡の魅力はそういった都市部よりも、都市部から離れた場所にあるのではと思っています。実際に福岡に移住した人の評判も良く、続々と移住者が増えています。

福岡は中心地に都市機能が凝縮している分、少し離れるだけでのんびりした田園風景が現れます。福岡の田舎は、こういった都市部に近い便利な場所でスローライフが送れるという魅力があります。

福岡では、仕事先が中心地にある場合でも、30分もあれば通勤可能です。平日は都市部に仕事に行き、週末は都市部から離れた家で田舎でのスローライフを楽しめるのが福岡ならではの特徴です。

 

福岡の移住先人気NO.1!「糸島」

まずは人気NO.1の糸島です。糸島が人気な理由は福岡からの距離とその環境です。

福岡市の中心である博多駅から10キロほどしか離れておらず、電車でも30分ほどでアクセスできます。また糸島は海と山のどちらも楽しめる自然に囲まれた場所にあるので、海を楽しみたい人、山を楽しみたい人、さらにはその両方を楽しみたい人まで、様々な田舎ライフのニーズに応えられる場所ともいえます。

また、糸島は福岡の観光地としても人気で、夫婦岩で有名な二見ヶ浦は「日本の渚100選」や「日本の夕日100選」にも選ばれています。

そんな人気で過ごしやすい糸島ですが、物件が少ないにもかかわらず移住先として人気が高まっているため、家賃が高めです。低予算で物件を探している方は、物件探しが難航する可能性が高いです。

 

便利でお得なベットタウン「大野城」

続いてご紹介するのはベットタウンとして人気の大野城です。

大野城は博多駅へ行くことのできるJRや、天神駅へ行くことのできる西鉄電車といった公共交通機関の駅があるだけでなく、都市高速や九州自動車道のインターチェンジもあります。都市部へのアクセスは電車で10分~15分とかなり早く、仕事だけでなく週末にあ都市部に遊びに行くのにも困りません。

さらに駅の近くでも賃貸物件が安く、適度に田舎なので大型スーパーも多くあります。自然も多く公園や子供が広々と遊べるスペースも豊富なので、都市部に仕事に出ている子育て中のファミリーやカップルに人気です。

デメリットを挙げるとすれば、大野城内や近隣の街への移動は、車がないと少し不便なことです。特にファミリーでの移住であれば車は必須。カップルや一人暮らしでも、ちょっとした買い物や移動など自転車がないと不便なことも多いです。

 

海好きにはたまらない街「福津」

糸島に続き、海好きにはたまらない移住先としておすすめなのが福津です。

なんといっても福津の魅力は海!海水浴場もある海岸沿いは海風が気持ちよく、サーファーやマリンスポーツを楽しむ人であふれています。海もきれいなので見ているだけでも楽しめるのが福津の海の魅力。普段マリンスポーツをしない人でも福津ライフを楽しめますよ。

また、物価が安く生活コストを抑えられるのも福津移住の特徴です。家賃だけでなく海鮮や野菜といった食材も都市部に比べてお得で新鮮なものを手に入れることができます。

しかし、福津への移住にはゴミ出しが不便という声も…。実際に燃えるごみは週に2回出せるものの、そのほかの不燃物や資源ごみは月に1回しか収集がありません。それまで家で保管をしなければならないため、物によっては虫が湧いたり腐ったりしないように注意する必要があります。ゴミ出しのタイミングに気をつければ、快適に生活できるでしょう。

 

ゆったりと過ごしたい人におすすめ「八女」

とことん田舎ライフを楽しみたい方におすすめなのが八女です。

空き家が多く家賃が安いので、生活コストを下げたい方や都会から離れて田舎でスローライフを送りたい方にぴったり。八女茶や伝統工芸が残る昔ながらの場所で、古民家を改装して生活するライフスタイルや、まだまだ発展途上のこの場所で新しいことにチャレンジしたいという方はぜひ移住先候補として検討してみてください。

デメリットは、田舎暮らしに没入できる代わりに、車がないと生活しづらいこと。都市部へのアクセスも、他の3エリアと比べるとあまりよくありません。とはいえ、こういったアクセス面も踏まえても、家賃の安さや都会から離れた生活を重視される方にはおすすめの移住エリアです。

 

田舎暮らしでも便利!福岡移住のメリット

福岡では、各自治体が移住者を対象とした支援制度を用意しています。

その中でも今回は、東京からの移住で支援金を支給している制度をご紹介します。この制度では、東京23区から福岡へ移住し、県の成長産業分野に属する中小企業へ採用された方、もしくは地域活性化や地域の問題解決に関する分野で起業する人に、1世帯100万円、単身60万円の支援金を支給する制度です。

ほかにも、地域によって様々な支援制度や支援金制度を用意しているので、支援制度を基準に移住先を選ぶのも一つの方法です。

 

福岡市以外にも移住にぴったりの街はたくさん!

福岡への移住というトピックでは、福岡市中心地への移住がよく話題に挙がりますが、実は郊外にも素敵な街がたくさんあるんです。

また、田舎でのスローライフを送りたいという方の中には、「福岡」という選択肢を思いつかない方もいるかもしれません。ですが、福岡にもゆったり田舎ライフを楽しみたい方にぴったりの移住先がたくさんあります!支援制度も活用して、お得に豊かな生活を送ってみてくださいね。

愛優

愛優

福岡県大野城市出身。高校卒業までの18年間を福岡で過ごす。 大学卒業後旅行会社に就職するも、大好きな旅と生きていくために仕事を辞めタイへと移住。現在ライター、フォトグラファーなど様々な分野で活躍中。

あわせて読みたい