【安い】福岡の物価がヤバい!安さ都道府県ランキング総合4位!福岡移住は食費も家賃もお得で失敗しない理由

今日は「福岡の安さ」の話です。どうやら福岡は「安い」場所ランキングが上位になりました。実際にデータを分析しながら理由をまとめてみます。

1 全国4位の福岡は物価が最も安い地方都市

福岡は日本の中で都会な場所です。程よく都会で程よく田舎な「住みやすい」場所。なかでも一番暮らし安いと感じるのが「安さ」です。

総務省が発表した「小売物価統計調査」の2019年のデータによると、福岡県は47都道府県中4番目に安い都道府県でした。物価が安いランキング4位の県です。

さらに、福岡県でも発展している福岡市や北九州市を比較した市ランキングでも、福岡市が7位、北九州市が6位といずれも「安い」場所としてランクインしていました。

特に食料品や住居に関する項目がより安さが際立っています。地方都市のような発展した都道府県で、ここまで物価が安い場所はありません。

程よく都会で住みやすい場所でありながら、なおかつ生活コストも日本全国と比べてかなり安いわけです。

2 食料品の安さは全国2位

さらに福岡の安さは「食料」を見るとより顕著です。食料が全国で最も安いのは長野県の95.2ポイントです。ただ、福岡県はランキング2位95.8ポイントと、日本で2番目に食料が安い場所となっています。要するにすこぶる安いわけです。

よく「福岡の飲食店は安くて美味い!」と言われがちです。実際、食料品が安く手に入るため「コスパがいい」お店が多いのかもしれません。福岡市にいたっては、個人が経営する飲食店も多く、どの店も競い合っているため、価格が安く美味しい料理を提供してくれます。

また、普通にスーパーに行くと安い食材が買えるわけです。実際に福岡のスーパーをみると「魚」が安い印象があります。九州全土の海から水揚げされた魚を安く手に入れることができます。

もちろん、世界一の東京の豊洲市場ほど豊富な魚が出回っているわけではありません。一般家庭で消費されるような「食卓」用の魚は安く手に入ります。

>> 【安い】福岡で魚がお得なスーパーお店6選!失敗しないおすすめの天神博多の鮮魚売り場【ポイ活クーポン割引】

3 住居の安さも全国5位

「福岡は家賃が安い!」という話をよくします。この物価指数のランキングでも「安さ」が際立っていました。全国で最も「住居」が安いのは鳥取県の81.7ポイントでした。福岡県は全国5位の84.6ポイントとかなり低い値です。

福岡市や北九州市など、100万人規模の大都市があるにもかかわらず、全国5位の安さは異常です。交通網が発達していながら、そこそこ都会であるにもかかわらず安いわけです。

主観ですが、東京から「ワンルーム投資」として不動産投資が盛んなことが理由の一つだと思っています。田舎の都道府県に比べて、勢いやブランディングがうまく、不動産投資の営業マンがプロモーションをかけやすいのでしょう。

「福岡は住みやすい」「将来的に伸びそう」という「雰囲気」が不動産投資を加速させ、マンション需要も供給量も増えているからこそ、リーズナブルな価格になっているようです。

福岡移住はますます増える

最近、「福岡に移住しました」や「記事みて移住しました」という方に会うことも増えてきました。福岡に移住している人が増えるのは楽しみです。

今後、コロナの流れが晴れてくれば、海外との窓口にもなるポテンシャルがあります。アジアに最も近いハブ都市として、変化していくかもしれません。

東京、大阪の賑わいのように、福岡も他と違った賑わいのある場所になるとより面白くなりそうです。

>> 【失敗例】後悔する?福岡移住て本当にいいの?失敗するおすすめできない4つの理由

 

fukuokaB編集部

FukuokaB(フクビー)は、福岡在住ライターを中心に、実際に利用したサービスや口コミ評判のリアルを紹介しているサイトです。本社、福岡市天神

おすすめ