【安い】中洲川端のとりまぶしのランチ定食なら鶏皮がおすすめ!予約なしでいける?待ち時間は?【福岡ランチグルメ】

博多の中洲に、昼からとりまぶしが食べられるお店があります。地下鉄の中洲川端駅から徒歩5分以内のところにあるお店です。こちらの、「とりまぶし」がおすすめだと言うことで、今回潜入して食べてきました。

福岡博多の中洲川端にあるとりまぶしって何?予約は必要?

とりまぶしは、網でしっかりと焼いた鶏の皮と鶏肉をご飯の上に乗っけて食べるものです。店内に入る前から、鶏肉を焼いた香ばしいいい匂いがしてきます。入ったときにもお客さんが何人か座って待っていました。

メニュー表に、とりまぶしの食べ方が載っています。まずは、そのまま何もつけずに食べます。次に好きな薬味と混ぜて食べます。そして、温泉たまごを上にのっけて食べるとかなり美味しくなります。最後に水炊きスープをかけてお茶漬けのようにして食べます。どの食べ方も美味しく、最後まで飽きずに食べることができました。

特に、鶏皮がかなりカリカリしていて食べやすいです。鶏肉も、油っぽくなく、柔らかくて食べやすいです。おすすめの食べ方は、温泉たまごをご飯の上にかけて鶏皮とご飯と一緒に食べる食べ方です。初めて味わう感覚で、かなりおいしかったです。

網で焼いている様子が、カウンター越しから見えるので、それもまた楽しいです。ご飯もたっぷり入っていましたが、余ることなく食べることができました。

いくらから?気になるお値段!

ランチタイムは、「とりまぶし御膳」というメニューが人気でした。サイズは並、上、特上の3種類あります。並サイズは1260円からあります。特上サイズを頼んでも、1750円と、割と良心的です。

並サイズを頼みましたが、充分満足するサイズでした。たくさん食べたい方にとっては、上サイズ以上のものを頼んでいる方が多かったです。

これ以外にも、御膳は温泉たまごと味噌汁、水炊きスープ、漬け物、薬味がセットで出てきます。水炊きスープは単独で飲むと物足りないので、やはりお茶漬けとしてご飯と鶏肉と一緒に食べるのが良かったです。

薬味もカウンターにたくさんあります。薬味は、全部で8種類あります。塩こしょう、ポン酢、七味、山椒、黒胡椒などたくさんの調味料がありました。味を変えたい時に便利でした。自分好みにカスタマイズできて、味変することができます。

行列必須?福岡人気のとりまぶしランチ

ランチタイムは、お客さんでいっぱいでした。早めの来店か、待ち時間覚悟で行くことをおすすめします。平日でも、サラリーマンや若者で多かったので、時間に余裕を持って行った方がいいです。席数も決まっていて、カウンターは多くの人数は入らなさそうです。ただ、2階もあって、テーブル席もあるようでした。夜は、コースもやっているようで、そちらも、とても美味しそうでした。

お店の人も、注文を受けてから鶏肉を焼いていくので、できるまでに少し時間もかかります。行った時も、すぐ満席になりました。満席になった後も、待ちます、と待っている方が何組かいらっしゃっいました。それほど人気のお店でした。一度満席になると、焼いてから、食べ終わるまでに時間がかかります。地元の人や、ビジネスマンの間で人気のようでした。

ちなみに、店内は禁煙です。Wi-Fiスポットにもなっており、丁寧にパスワードも書いてくれているので、待ち時間にちょっとした仕事もできそうです。

支払いは、PayPayやカード払いでも可能でした。やみつきになる味だったので、またランチタイムに伺いたいと思います。

>> とりまぶし

福岡県福岡市博多区中洲5丁目318 Tm-16ビル1F

mana

mana

美容食ライターとして、全国各地で「美」と「食」の最新情報を発信しています。「きれいはインナーから」を伝えています

おすすめ