【レビュー】福岡市中央区で無痛分娩ができる病院3選!実際に経験したブログ!費用や注意点は?おすすめの有名クリニック

「赤ちゃんがほしいけど、出産の痛みが怖い」「少しでも産後の回復を早くしたい」

そんな方におすすめ。実際の経験から、福岡市中央区で「無痛分娩」ができる病院3選をご紹介します!

費用や注意点もまとめたので、無痛分娩を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

福岡市中央区で無痛分娩ができるおすすめの病院まとめ!

福岡市で有名!無痛分娩の症例数が多い「井槌病院」がおすすめ

まずは七隈線薬院大通駅より徒歩8分の場所にある「井槌病院」です。

こちらは市内で1番有名と言っていいかもしれません。無痛分娩の症例数や詳しい実績等もホームページで公開しています。

20年以上前から無痛分娩を行なっており、患者の30〜40%の方が無痛分娩を選択しています。

筆者自身もこの病院で無痛分娩を選択しています。

「症例数が多く実績の公開をしている」ことや「24時間無痛分娩の対応をしており、安心できる」点に1番惹かれました。

アクセスがいいのもポイント。七隈線薬院大通駅からはもちろん、博多駅からはバスでもすぐに行けます。

また、西鉄薬院駅からも徒歩10〜15分ほどで行けるので通いやすかったです。駐車場も十分な数用意されていますよ。

注意点としては、どの病院も無痛分娩には健康保険が適用されません。

例えばこの病院では、無痛分娩手技料100,000円がかかります。夜間費用等も更に加算されます。

ただし「入院後すぐに無痛分娩のための硬膜外麻酔を開始したが、十分に効果がでる前に分娩に至った」などの場合、料金はいただいていないそうです。

出産一時金42万円が国から支給されるので、無痛分娩をする場合は手出し15〜20万円程を見ていれば安心ですね。

また、安全性を高めるために無痛分娩の受け入れ数は決まっています。

妊娠発覚後すぐに病院へ行き、申し込みしないと無痛分娩の予約は埋まっててできない、なんてことになりかねないのでスピード勝負!で早めに病院へ行ってくださいね。

筆者は妊娠発覚5週目で病院へ行き、その場で申し込みをしました。

その時点で出産予定日付近は埋まりつつあるので、来週の予約だと間に合わないかもしれません、と受付の方から言われましたよ。

また、今はコロナウイルスの影響で緩和されてますが、人気の病院なだけに診察予約しても待ち時間が1時間以上と長く発生する場合もあります。

それでもしっかりした実績、アクセスの良さ、24時間対応してくれる点から1番オススメしたい病院です!

>> 井槌病院

〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院4-15-6

TEL 092-521-2355

福岡で人気の「ガーデンヒルズウィメンズクリニック小笹」は無痛分娩費用が安い

次は小笹南口バス停徒歩1分にある「ガーデンヒルズウィメンズクリニック小笹」です。

こちらも人気の無痛分娩が行える病院です。

特徴は「自然分娩を希望していても、途中で無痛分娩に切り替え可能」であり「24時間無痛分娩対応」です。

無痛分娩費用も少し安く、88,000円から行なっています。

ただし、分娩費用が少し高めになってるので、選ぶ部屋によってはトータルだとそこまで安くはないようです。

手出しは15〜30万円程見ておいた方がよいかと思います。

こちらの病院も無痛分娩の症例も多く人気の病院です。

ただ天神や博多方面からはバスでしか行くことができないので、少し不便かなと思い選択肢から外しました。

駐車場は完備されてるので、常に自家用車の方はいいかと思います。

こちらも人気の病院なので、無痛分娩に限らず分娩希望する場合は早めに病院へ行くことをオススメします。

>> ガーデンヒルズウィメンズクリニック小笹

〒810-0033 福岡市中央区小笹5丁目15番21号

Tel:092-521-7500

福岡市内なら「東野産婦人科」も無痛分娩対応ありで評判がいい

 

 

最後はこちら、七隈線六本松駅徒歩5分にある「東野産婦人科」です。こちらは地下鉄でもバスでもアクセスがよく、もちろん駐車場も完備されています。

自然分娩を推奨してはいますが、希望があれば無痛分娩の対応もしてくれるそうです。

ただし、行える日時に制限があります。また料金は公開されておりません。

筆者は絶対に無痛分娩したい!という強い思いを持っていたので、アクセスもよく病院自体は評判もよかったのですが、選択肢から外しました。

病院が家から近く、自然分娩でも無痛分娩でもどちらでもいい方は選択肢のひとつになりますね。

筆者のようにどうしても無痛分娩希望という方は、先に紹介した「井槌病院」もしくは「ガーデンヒルズウィメンズクリニック小笹」がオススメです!

>> 東野産婦人科

福岡市中央区草香江2丁目2-17

Tel 092-731-3871

実際に無痛分娩を経験してわかったメリットデメリット

もちろんどの病院を選んでも、絶対に無痛分娩ができるわけではありません。

逆子や、今の時期だとコロナウイルスに罹患した場合等、帝王切開の可能性もあります。

ですが、筆者自身は1人目も無痛分娩で出産し、2人目妊娠中の今も無痛分娩を選択してよかったと思います。

個人的に感じた大きなメリットは、分娩時の痛みが減らせることはもちろん、妊娠期間中に穏やかな気持ちで過ごせたことです。

筆者の性格からして、自然分娩だとお産の恐怖で戦々恐々とした妊婦生活を過ごしていたでしょう。笑

もちろん、無痛分娩といっても痛みはゼロではありません。ある程度の陣痛の痛みが来てからの麻酔になります。

分娩時の痛みもスムーズにお産を進めるために、まったく痛みを感じないという状態になることは難しいです。

それでも痛みに弱く、怖がりなわたしが出産し、2人目を考えられたのは無痛分娩のおかげです。

また、わたしは1人目から無痛分娩だったので感じなかったのですが、自然分娩と無痛分娩を体験した方からは産後の回復が全然違う!という声をよく聞きます。

下手に力が入らず、リラックスしてお産ができるので、ダメージが少ないそうです。

今だに言われることがありますが、痛みを経験してないと子どもを可愛く思えないということはありません。

自然分娩でも無痛分娩でもこどもは変わらず可愛い!です。メリット、デメリットを理解したうえで、どちらを選択するかは個人の自由です。

痛みに弱い方、お産に対して恐怖がある方、産後の回復を早くしたい方は是非!無痛分娩という選択肢を入れてみてくださいね!

 

 

fukuokaB編集部

fukuokaB編集部

FukuokaB 福岡在住ライターが、おすすめスポットを紹介しています!

おすすめ