【安い】福岡で出産する費用は高い?平均料金50万円で出産一時金42万円?いくらあれば足りる?

もうすぐ赤ちゃんが生まれるとなった時に、気になるのがお金のことですよね。子育てで意外とお金がかかるのが、出産の時だとも言います。福岡で出産の時の一時金がいくらもらえるのか、福岡市内の出産の時にどれくらい費用がかかるのかがわかる記事です。

福岡で出産一時金をもらう
☑︎ 出産一時金はいくらもらえる
☑︎ コロナ禍の手当は出るのか
☑︎ 出産にどれくらいかかるか知りたい

1 どれくらいの費用がかかる?平均50万円の料金

赤ちゃんができてから、生まれる時の出産費用は、大体50万くらいかかります。思ったより出産にお金がかかるので、びっくりしますよね。

でも日本で出産すれば「出産一時金」が42万円もらえます。この「出産一時金」を使えば、42万円負担してくれるので差額の8万円程度を支払うだけでよくなります。もちろん病院にもよるため、一概には言えません。

正常の出産の場合、保険が適用されません。そのため、高額の費用になるようです。

病院にもよりますが、お部屋のタイプなどによっても値段が変わってきます。分娩の時間帯によって、深夜、休日の場合は加算料金がかかるところが大体です。それぞれ病院のホームページに詳しく料金が書いてあるのでしっかりと確認しておきましょう。

支払いがカードでできるのか、現金のみなのかも病院によって異なります。産みたい病院をいくつかリストアップしておいて、前もってリサーチしておくと良いですね。

福岡で出産一時金をもらう
☑︎ 大体50万円くらいかかる
☑︎ 出産一時金 42万円
☑︎ もちろん病院によって異なる

2 福岡は出産一時金がもらえる!コロナ禍の手当はでる?

 

 

福岡の出産一時金は42万円です。自分が持っている健康保険証で手続きが違います。ほとんどの人が会社勤めなので、会社で手続きが必要です。全国保険協会のホームページより【子どもが生まれたとき】のページから確認できます。

会社へ申請すると1人あたり42万もらえるようです。詳しい話や詳細の申請方法等は会社へ問い合わせましょう。

ちなみに、福岡市にお住まいで国民保険保険の方は福岡市の【出産したとき】のページから確認できますよ。

 

 

コロナ禍での出産手当について、福岡でも実際に行なっている自治体はあります。例えば須恵町に住んでいる人で、コロナ期間に出産すると、5万円もらえます。

 

 

福岡市では、年収によって「子育て世帯生活支援特別給付金」がもらえる場合があります。年収によってなので、全員が対象ではないようですが、一度確認してみるのがいいですね。福岡市の公式サイトで詳細がまとめられています。「低所得のひとり親世帯」や「ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯」が対象とのこと。支給額として「児童一人当たり一律5万円」があるようです。

福岡で出産一時金をもらう方法
☑︎ 会社で申請する
☑︎ コロナ支援金がある市町村もある

3 実際に出産にかかる費用は自腹でどれくらい?

実際の出産費用は病院によってバラバラです。50万円が平均的な金額ではあるようですが、福岡だと「自費で追加料金を10万前後支払った」などと聞くケースが多いです。全体的な口コミを見ても「10万円から30万円手出しで出す」こともあるようです。

正常分娩であっても、自腹でいくらか払うこと病院もあります。さらに、帝王切開や吸引分娩などであれば追加料金がかかる場合があります。無痛分娩希望の妊婦さんも、またさらに追加料金がかかります。一人一人によって値段が違うので、前もって病院の受付で確認しておいたほうが安心です。

福岡での出産費用について
☑︎ 福岡の病院によって違う
☑︎ 「自費で10万前後支払った」という人も
☑︎ 出産する病院で確認しよう

4 支援金を使おう

一度に50万円請求されても、一括で払えないと不安になりますよね。そんな心配な方でも、大丈夫です。

「直接支払い制度」を使えば、医療機関に直接42万円分支払ってくれる制度があります。これを使うと、差額の料金だけ支払えば良いので、支払うときの負担も減ります。もし、42万円以内の出産であれば、その差額が返ってくるので安心して利用することができますよね。

一方では、クレジットカードで支払いをして、ポイントを貯めるという裏ワザもあるようです。その場合は一度の限度額が足りるのか確認する必要がありますし、自分で申請手続きを確認しないといけません。また支払い時にクレジット決済できる病院かどうかの確認が必要です。どちらがいいか、前もって考えておきましょうね。

あわせて読みたい記事
>> 【ポイ活】福岡住み主婦でもできる5つの方法!初心者におすすめのポイント生活クーポン割引

出産一時金制度を上手く活用しよう

意外とお金がかかってしまうのが現実です。でも、きちんと申請して上手く活用すれば、自己負担を大幅に減らせます。病院選びの時も現金のみだったり、使えないところがあったりもしますので、慎重に選んでみましょう。

あわせて読みたい記事
>>  【レビュー】福岡市中央区で無痛分娩ができる病院3選!実際に経験したブログ!費用や注意点は?おすすめの有名クリニック

 

mana

美容食ライターとして、全国各地で「美」と「食」の最新情報を発信しています。「きれいはインナーから」を伝えています

おすすめ