【後悔】将来やばい?ハイフのデメリット・副作用まとめ!失敗しないHIFU対策

切らない小顔治療で人気の「ハイフ」。たるみ改善や、リフトアップに効果的と話題の施術です。

ただ、大切なお顔に照射するとなると「副作用」や「デメリット」が心配。高いお金を払って失敗したくない。というのが本音ではないでしょうか?

ハイフで後悔したくない方必見
☑︎ 副作用・デメリット
☑︎ 失敗しないHIFU対策

ネット検索すると「やけど」「神経損傷」「逆に老ける」「将来やばい」などの情報が出てきて不安な方も多いはず。

そこで今回は、ハイフの副作用やデメリット、将来への影響、失敗しないHIFU対策をまとめます。施術後に後悔しないためにも、チェックしておきましょう。

そもそもハイフとは?どんな仕組み?

ハイフとは、シワやたるみの原因となる「筋膜」に熱を加えることで、皮膚の土台から引き締める仕組み。リフトアップや小顔効果が期待できます。

切らずに超音波を照射するだけで、脂肪より奥にある「筋膜」に直接刺激を与えられるため、ダウンタイムも少なく手軽にできるのが魅力。

持続効果は、1回で3ヶ月程度。また、自己修復が促されることで、コラーゲンが増え、お肌のハリツヤを引き出してくれるのも人気のポイントです。

ハイフは信頼できる病院で受けよう
☑︎ 専門医が対応してくれる
☑︎ 症例実績が多いクリニックがおすすめ

ただ、どんな美容施術にも、それなりにリスクが伴います。デメリットや注意点を理解した上で判断しましょう。

とくに、ハイフは本来医療機器です。医師の専門的な知識や技術が必要。エステサロンのハイフは安いですが、リスクが高くおすすめしません。

医療ハイフは高いイメージですが、品川美容外科など、10,780円から受けられるクリニックもあります。

ハイフは危険?5つの副作用とデメリット

副作用で赤みや腫れがでる

ハイフは比較的ダウンタイムの少ない施術です。しかし、体質によっては、副作用として「赤み」「腫れ」が出る方もいます。

個人差はありますが、メイクで隠せる程度の赤みで、2、3日のうちに引くことがほとんど。

ただ、照射パワーが大きすぎる場合、赤みや腫れが長引く危険性もあります。なかには「1ヶ月以上赤みが引かなかった」「みみず腫れのような傷ができた」という方も。

医師不在の「エステサロン」では、過剰な出力パワーで照射するところもあるので注意が必要です。

副作用がでない範囲で、適切なパワーで照射してくれる「医療機関」で受けることをおすすめします。

やけどの炎症や水ぶくれの失敗例も

「ハイフでやけどした」という失敗例もあります。施術者の技術が低い場合に起きやすい副作用です。

やけどを防ぐには、超音波が乱反射する角度で照射する技術が必要です。骨に垂直に照射すると、エネルギー反射が起き、火傷の原因になります。

ひどい場合、「完治に半年かかるほど熱傷で色素沈着した」「水ぶくれが破れて傷跡が残った」という方も。

安いからといってエステやセルフでハイフを受けると、かえって治療費代がかかるだけでなく、大切な顔に傷がついてしまうリスクもあります。

むくみや筋肉痛の副作用

お肌の奥にある「筋膜」に熱を加えるため、肌の表面に目立った傷がなくても、むくみや筋肉痛として副作用が出る場合もあります。

こちらも高出力の場合に起きやすい副作用です。とはいえ、1週間から1ヶ月ほどでむくみが引いて、リフトアップ効果を実感できることがほとんど。

ハイフは、1ヶ月後が1番効果を実感しやすい時期だと言われています。むくみが完全にとれれば、効果を実感できるでしょう。

しびれや神経麻痺などの合併症リスク

「セルフハイフで顔の神経損傷」「エステサロンのハイフで頬の神経損傷」などのトラブルも過去に起きています。

ハイフ照射後、頬から唇にかけて痛みと共にしびれが発生したケースです。最悪の場合、神経麻痺が治らず後遺症となってしまう可能性もあります。

ハイフは、照射箇所や照射角度によっては危険を伴う医療機器。医師の専門的な知識や技術が必要な施術です。

気軽に受けられるのがハイフの良さですが、専門医のいない施設で受けるのはリスクが高くおすすめしません。

痛いのに効果ない?ハイフのデメリット

痛みの感じ方は個人差がありますが、皮膚が薄い箇所や骨に近い箇所は、チクチクとした痛みを感じる方もいます。

また、即効性を期待すると「効果ない」と感じるかもしれません。医師によると、1、2ヶ月後に1番効果が出やすいとのこと。

HIFUマシンや施術者の技術にもよりますが、1ヶ月ほどでじわじわと効果を実感する方が多いようです。

また、エステやセルフのハイフでは、照射パワーが限られているため、何度も受けないと効果ないのがデメリット。

エステハイフはおすすめしない
☑︎ リスク高いし効果が薄い

1度で効果を実感したいなら医療ハイフがおすすめ。専門医がいれば、万が一トラブルが発生した場合も、すぐに対応してもらえるので安心です。

医療ハイフは高いイメージがありますが、品川美容外科なら10,780円で受けられます。安全性と費用の安さを求める方にはこちらがおすすめです。

ハイフで後悔?やりすぎると逆に老ける?将来への影響と注意点

「小顔効果」「たるみ予防」の評判から、若いうちからハイフしたいという方も増えてきました。

「小顔になりたい」「シュッとした輪郭になりたい」という気持ちはとてもわかりますが、顔の筋肉や脂肪の状態によっても、効果は異なります。

とくに痩せ型の人は、脂肪が元々少ないため「ハイフをやりすぎると逆に老けて見える」という場合も。

小顔になれても、頬がこけるほどやりすぎると、将来逆にヒアルロン酸注入が必要になってしまう可能性もあります。

ハイフはやりすぎに注意
☑︎ 顔の筋肉や脂肪の状態によって効果は異なる

将来の老化対策やたるみ予防として、早めに始めるのがいいという風潮がありますが、顔の状態によっては受ける必要のない方もいます。

まずは、カウンセリングで医師のアドバイスをもらうのがおすすめ。顔の脂肪量やたるみ具合に合わせて、本当に必要な施術を提案してくれるクリニックを選びましょう。

失敗しないHIFU対策!信頼できる美容外科クリニック選びのポイント3つ

ハイフで失敗しないためにも、クリニック選びが重要です。とくに重視したいポイントは「症例数」「カウンセリングの丁寧さ」「アフターフォローの充実度」。

「痛くない」「効果を実感できる」ハイフには、技術が必要。症例実績が多いほど、経験豊富で技術力の高い医師がいるためおすすめです。

後悔しないクリニック選びのポイント
☑︎ ハイフの症例数が多い
☑︎ カウンセリングが丁寧
☑︎ アフターフォローが充実

また、カウンセリングで、副作用やデメリットまで丁寧に説明してくれるのもポイントの1つ。

無料カウンセリングで相談してみて、親身になってアドバイスしてくれる病院を選びましょう。

カウンセリングだけなら無料の病院が多いので、複数のクリニックへ相談してみるのもありです。むやみに施術を進めてくるようなところは避けましょう。

アフターフォローについても確認しておくのがおすすめ。施術後の無料相談や、安心保証制度など、アフターフォローがしっかりしていると安心です。

福岡でハイフするなら症例実績が多い品川美容外科がおすすめ

福岡でハイフするなら、品川美容外科がおすすめ。大手なので症例実績も多く、人気のソノクイーンハイフが10,780円から受けられます。

「納得のいく仕上がり」になるよう、カウンセリングで丁寧にヒアリングしてくれるのがポイント。

ハイフは信頼できる病院で受けよう
☑︎ カウンセリングが丁寧で安心
☑︎ 10,780円で医療ハイフできる

痛みなどのデメリットやダウンタイム、仕上がり具合など、あなたに合ったベストな方法を提案してくれますよ。

施術後の診療や検査が無料、保障制度ありとアフターフォローも充実で安心。1つの選択肢として、無料カウンセリングを受けてみるのはありです。

 

安いけど効果ない?ハイフの痛みやリフトアップの口コミ評判まとめ

>> 【失敗】湘南美容外科の医療ハイフは安いけど効果なし?痛みやリフトアップの口コミ評判を検証してみたブログ(福岡院)

ハイフの効果はいつから?ピークや持続期間はこちら

>> 【失敗回避】ハイフの効果は何日後?ピークはいつからいつまで?顔や体のHIFU経過や持続期間の口コミまとめ

 

Tahira aoi

FukuokaBディレクター・フリーライター。福岡に惚れて鹿児島から移住しました。福岡のおしゃれスポットやお得な最新情報をお届けします♪

おすすめ