4,400円でうなぎも食べれる!福岡の「柳川きっぷ」で天神・博多から柳川に行こう!コスパ最強クーポンチケット!

福岡の天神や博多から行くことができる柳川旅を紹介します。

 

柳川でうなぎを食べよう!

福岡にはうなぎが有名な柳川という街があります。こちらに行って、うなぎを堪能してくるお勧めのコスパ最強チケットをまとめていきます。


>>柳川特盛きっぷ

福岡でお勧めのコスパ最高おいしいグルメ

今回は実際に福岡の柳川に行って、オススメのうなぎのせいろ蒸しを食べてきました。コスパよく、うなぎのせいろ蒸しを食べる方法について、まとめていきます。

人口71,848人の小さな町、柳川市。こちらの柳川市では、人が少ないにも関わらず、うなぎのお店がたくさんあります。全国的に有名な柳川のうなぎを食べに、全国各地から食べに来る美食家が多いです。今回はこの柳川の鰻をまとめてみました。

 

柳川きっぷでお得に旅行する

柳川きっぷを使えば、お得に旅行することができます。

天神からの電車移動運賃に加えて、川下の観光、柳川グルメのお食事券もついてきて4400円から利用できます。天神から乗っても5000円なので、5000円で移動費だけでなく、観光もできるし、食べ物も満喫できます。

 

 

柳川へは特急で40分

柳川に天神・博多から行く場合は、特急で40分かかります。特急を使えば簡単に行けるので、日帰り旅行にお勧めです。

また柳川には温泉施設もあるのでちょっとした旅行にもぴったりです。弾丸でうなぎを食べに柳川に行くと言うプランもできます。そのため、福岡市内在住者もよくしたり、福岡県外からの観光客にも人気です。

最近では、外国人観光客も増え、より日本の文化を知りたいと思った外国人が、ここ柳川を訪れています。

 

水の都と呼ばれた柳川の歴史

柳川はうなぎの聖地です。柳川藩主の立花宗茂が率いたのがここ柳川です。江戸時代柳川藩主だった立花宗茂の末裔の方々が「御花」と言う旅館・うなぎ店を営んでいます。

この「御花」が柳川でも1番大きなうなぎ屋さんになっています。私もこれまで何度か船川に訪れましたが、ここ「御花」のうなぎが1番食べ心地がいいです。というのもうなぎを食べる事はもちろん立花家の施設を観光しながらうなぎを食べることができるからです。こちらの写真にもあるように、生流しながらうなぎを楽しむことができます。さらに、川下の観光もあります。

 

柳川駅から「御花」は遠い

実は柳川駅からうなぎのお店があるエリアに行くまでは、ちょっと歩かなければなりません。だからこそ、川下の観光を利用している人が多いのです。川下の船を利用するとその終点は「御花」になっています。

受け邸や城下町の名残があるのでしょうか、こちらの川下りを利用すると立花家の経営する「御花」につきます。だからこそ、こちらの「御花」を利用して食べてバスで帰ると言った人が多いのでしょう。

福岡でコスパよく高級ランチをお得に食べる方法!一休.com

一休.comのグルメ・レストラン予約では、高級レストランを割引で予約することができます。このクーポン割引を使えば、「お得に」そして、「プチプラな」高級ランチやディナーを楽しむことができるのです。

もともと、関東でかなり人気になっていたこのサービスが、ようやく福岡でも使われるようになりました。コレ、いいですよね。高級料理のグルメレストランが「割引」で利用することがきます。

ラグジュアリーホテルのホテルラウンジや高級レストランでも利用できたり、有名なホテルのランチコースやディナーコースも利用することができます。もちろん、もともと割引されているコースではなく、通常コースが割引されて提供されているのです。こんな割引されるのなら使わない手はないですね。

>> 福岡の一休クーポン

 

Soichi Makita

Soichi Makita

(ほぼ)北九州出身、福岡住みのブロガー・ライター。趣味は映画とコーヒーと無謀な旅に出ることで、映画ネタが多めな雑記ブログ Movie Traveler を運営中。

あわせて読みたい