今、福岡に行っていい?お店は再開している?ホテル観光業界は激減?倒産?現状

福岡に観光したい。博多や天神に行ってみたい。と考えている人も多いですよね。ただ、このコロナの時期に行っていいのか。

今行っても大丈夫なのかと心配する人もいるはず。今回は、2020年6月ごろの福岡の様子を踏まえ、現状を紹介します。

今、福岡に行ってもいい?反応は?

正直、賛否両論ありますよね。理由は、来て欲しい人と来て欲しくない人がはっきり分かれているからです。

飲食店やホテル業界など、人が入ってくれなければ成り立たないビジネスをしている人からすると人が来てくれないのは死活問題です。

逆に、小さいお子さんやご年配の方にとっては、コロナのウイルスを持ち込まれたくないという危機感でしかありません。第二波、三波とウイルスが広がることを考えると、難しいところです。

逆にいうと、今、福岡に来るのはアリかも知れません。人が少なく、レストランやいきたかった飲食店の予約はしやすいです。ただ、賛否両論あるのは否めません。

再開しても客足が伸びない飲食業界

全国各地で「自粛」が開けたものの、以前のような「お客さん」で賑わっていないのが飲食店ですよね。福岡でも、あれだけ人気で、長蛇の列になっていたお店が、今では予約なしで入店できるほどお客さんが減っていたりします。それだけ多くの観光客が来ていたのに、今では全くです。

屋台や居酒屋はだんだんと活気が出ているように感じます。自粛明けには、たくさんのサラリーマンで賑わっていました。カラオケやスナックなど、楽しそうな歌声が聞こえきたほど、地元の人の利用は増えています。

格安になった福岡ホテル

福岡のホテル価格は軒並みデフレを起こしています。安くても1泊6,000円はしていた料金が、1泊1,200円程度と価格破壊を起こしています。今まで見つけられなかったホテルや見たことのないホテルまであらゆるホテルが値下げています。条件付き予約を合わせれば最安320円で泊まれるホテルもあります。

これは、福岡で毎週、開催されていたイベントやコンサートがなくなったこと。さらには、訪日外国人観光客数が前年4月比99.9%減となっている外国人数の減少。それに伴って、外国人向けに運営されていたホテルがBooking.comやAirBnBから、じゃらんの日本人向けサイトに登録し始めたことも価格破壊の要因です。4月の外国人客は、2900人でした。

ファーストキャビン破産手続き

飲食業界をはじめ、観光、航空、ホテル業界も大ダメージなのは否めません。ファーストキャビンも5月破産手続きを申請したことは有名ですよね。僕も関空直結していたホテルでお世話になっていたので残念です。

これまで見たことがないくらいホテルが格安になっています。特に観光地の価格は下がっている一方です。

ウイルスがなくなったわけではない

緊急事態宣言が解除され、土日の人の移動が元のようになりつつありますよね。福岡でもデパートは人でいっぱいになり、温泉施設は満員になるほど人気となっていました。

ただ、ウイルスがなくなったわけではないので、お気をつけください。第二波が起きるのは時間の問題かもしれません。

fukuokaB編集部

fukuokaB編集部

FukuokaB 福岡在住ライターが、おすすめスポットを紹介しています!

おすすめ