【危険】韓国整形の10年後が悲惨?老後は顔が崩れる?失敗しない対策

10年後は顔が崩れてホラー

整形直後はよくても老後がやばい

20代で整形したら30代で悲惨なことに

「渡韓して韓国で整形したい」という人が増えている一方で「韓国整形は危険」という口コミがあるのも事実。

実際、韓国整形ってどうなの?「危険」「悲惨」「10年後崩れる」といわれる理由と、失敗しない対策をまとめます。

もくじ

韓国で整形すると失敗する?日本の方がいい?

韓国で美容整形を失敗した

自分が思っていたのと違った

ということはよくある話です。日本でやれば日本語でクレームできますが、韓国でやると何かと面倒なのも事実です。

整形代が安くても、結局、なんだかんだお金がかかってしまうこともあります。言葉が通じなくてトラブルになることも。

初めての美容整形をするなら日本がおすすめです。とくにダウンタイムが長い整形は、術後ケアが充実してる病院がいいです。

整形手術は、感染症や後遺症などのリスクも。後悔しないためにも病院選びは慎重に行う必要があります。

0 日本で一番人気の美容整形医院

最安レベル!品川美容外科
☑︎ モニター・クーポン割引あり
☑︎ 最大1万円 割引キャンペーンあり

日本だとやっぱり「品川美容クリニック」と「湘南美容クリニック」が一番人気。

日本のクリニックなら、言葉も通じるし、アフターフォローや定期メンテナンスにもすぐ通えるので安心感があります。

まずは日本のクリニックで、あなたに合う方法を聞いてみるのがおすすめです。

わかりやすく丁寧に説明してくれるので、まずは日本でしっかりプロのカウンセリングを受けておきましょう。

湘南美容外科福岡院
☑︎ 最大1万円割引友達紹介キャンペーン
☑︎ モニターキャンペーンあり

日本で安く韓国整形!共立美容整形外科

日本で韓国整形するなら「共立美容外科」が安くておすすめ。韓国の医療技術をいち早く取り入れています。

旅費も含めたトータル費用で考えると、日本で整形した方が安いケースも。日本ならアフターフォローも安心です。

日本で安く韓国整形!共立美容外科
☑︎ 無料で相談できる
☑︎ モニター割引あり
☑︎ 最新の韓国整形が安い

カウンセリングは「無料」なので、韓国に渡韓する前に相談してみて、比較検討するのがおすすめです。

韓国整形は危険?リスクが高い3つの理由

韓国整形は「安い」「上手い」と日本人にも人気ですが、渡韓して海外で整形を受けるのはやっぱりリスクがあります。

韓国整形が危険と言われる理由をまとめます。

言葉が通じないから失敗しやすい

韓国で整形する場合、やはり韓国語でのコミュニケーションが必要になります。

「日本語通訳者がいるから大丈夫」と思っていても、通訳の質によって伝わり方が変わる可能性もあります。

ある程度韓国語を勉強して行っても、専門用語が分からなかったり、細かいニュアンスを伝えられなかったりする場合もあります。

上手い医師がいても、言葉が伝わらなければ、失敗リスクが大きくなるデメリットだといえるでしょう。

せっかく渡韓したのに仕上がりに満足できず「失敗した」「やっぱり日本でやればよかった」と後悔するリスクもあります。

帰国後にトラブルが発生する危険性

韓国で安く整形できたとしても、帰国後に術後トラブルが発生すれば、また渡韓して診察してもらう事態になりかねません。

せっかく安い料金で整形しても、帰国後のトラブルにより旅費が余計にかかって、結局何倍も高くついてしまうことも。

旅費で何倍も高くなった

最初から日本で整形すればよかった

と後悔する声もありました。万が一の場合、また何度も韓国に行って診察を受けないといけないのはかなりの手間ですよね。

とくに、輪郭の骨切りや、脂肪吸引、豊胸など、大掛かりな手術の場合、韓国で受けて帰国するのは危険性が高いです。

菌の感染などが発生するリスクもあり、何かあった場合にすぐ対処してもらえないのは危険です。

旅費はかかるし、すぐに診てもらえないのも不安ですよね。また、保険適用がなく、多額の治療費がかかることもあります。

アフターケアが不便でリスクが高い

美容整形は、アフターケアがかなり重要です。骨切り輪郭整形や、鼻整形、体の整形など大きい手術になるほどケアが必要。

定期的にメンテナンスすることになるので、韓国での整形料金が安くても、何度も通えば多額の旅費がかかります。

アフターケアがない場合でも、不安や心配なことがある時に、気軽にクリニックへ相談できないのは不便ですよね。

結局日本で受けた方が安いし、アフターケアもすぐに診てもらえるから安心だったというケースもあります。

整形10年後に顔が崩れると言われるのはなぜ?

整形が10年後に崩れると言われる理由は「整形しても老化を完全に防げるわけではないから」です。

整形直後は満足して、しばらく顔の老化には気付きません。顔の変化や老化をわかりやすく感じ始めるのが10年後。

そのため、10年後に崩れるといわれることが多いです。崩れるというより「不自然になる」という方が近いかもしれません。

10年後、20年後の顔の変化まで考慮した整形技術はまだ少ないため、老後に不自然さを感じやすくなります。

また、1箇所整形すると、顔のバランスが変わるため、ここもあそこもとどんどん整形する人も少なくありません。

一時的な美しさは手に入れられても、中毒のように整形を繰り返していると、かえって不自然な顔に崩れる人もいます。

失敗?見た目は綺麗でも機能性は無視で10年後老後がやばい

韓国整形は、見た目を重視するあまり、機能性を無視してしまい、10年後には本来の機能が使い物にならなくなることも。

とくに、韓国整形で流行りの小顔整形「輪郭骨切り手術」は、神経ギリギリまで削ることも多く、顎の機能性が弱くなる、顔面の神経を傷つけるなどのリスクもあります。

見た目を変えたい一心で、安易に流行りの韓国整形をするのはおすすめしません。

実際に、やらなければよかった失敗したと後悔する口コミもあります。

リスクや副作用をしっかり確認して、目先の綺麗さだけでなく、10年後20年後のことまで考えて決断しましょう。

老化して骨が萎縮してきた時には、見た目も崩れて機能性も失っているということにもなりかねません。

韓国整形は10年後に顔が崩れるから老後が悲惨?

一度リフォームしたらメンテが大変

整形してもしなくても、老化は避けられません。せっかく渡韓して韓国整形したのに、10年後に顔が崩れるなんて悲惨ですよね。

1度整形してそのまま放っておけば、老化に伴い顔が崩れると感じるケースが多いようです。

若くで整形した場合、その時の顔の状態に合わせてデザインされているので、老化でハリがなくなった顔には不自然に感じることも。

20代で整形しても、崩れることを防ぎ綺麗に保つためには、定期的にアフターケアやメンテナンスを行う必要があります。

韓国整形の場合、アフターケアやメンテナンスに気軽に通えないため、万が一の際にすぐ相談できないのがデメリット。

顔が崩れる悲惨な失敗を防ぐためにも「メンテナンスに通いやすい」「10年後や老後の顔の変化まで考慮して施術してくれる」クリニックを選ぶことをおすすめします。

韓国整形で悲惨な失敗しないための注意点!日本で準備することは?

韓国酒場コッキオ

やっぱり韓国で整形したい!けど、言語や文化が違う分「失敗のリスクが怖い」という方も多いはず。

そこで、韓国での整形で失敗しないための注意点をまとめます。以下の3つは日本で準備しておきましょう。

  1. 理想のイメージ写真の用意
  2. 通訳方法・宿泊送迎の確認
  3. アフターケアの確認

理想のイメージ写真を準備

美容整形はとくに、仕上がりのデザインにこだわりたいですよね。

なりたいイメージを明確に伝えるために、理想の形がわかる写真を準備しておきましょう。

「思っていたのと違った」という失敗リスクをなくすためにも、大事なポイントです。

通訳方法・宿泊送迎の確認

「日本語通訳をどこまでしてくれるか」は、韓国整形で失敗しないためにも確認しておくべきポイントです。

細かいニュアンスを伝えるのは難しいし、仕上がりに差が出るかもと不安な部分もありますよね。

カウンセリングだけなのか、手術中やアフターケアの際も通訳してくれるのか、事前確認しておくと安心です。

また、クリニックによって、宿泊送迎のサービスも異なります。整形手術で長いダウンタイムや入院が必要になる場合、提携ホテルや送迎サービスまで確認しておくのがおすすめです。

アフターケアや副作用リスクの確認

美容整形は、術後の腫れや痛みなどのダウンタイムもつきもの。

とくに、海外での手術となると、日本と対応が違うことも多いです。術後の対応も念入りに確認しておくべき。

副作用のリスクやアフターケアまでしっかり対応してくれるかなど、事前に確認しておくと安心です。

韓国整形は渡韓前に日本の美容外科で相談してみよう

初めての美容整形をするなら日本がおすすめ。やっぱり、通訳や手術後のことを考えると日本の方が安心です。

迷っているなら、日本で人気の「湘南美容外科」「品川美容外科」韓国の最新技術を導入している「共立美容外科がおすすめ。

どれもカウンセリングは「無料」なので、韓国に行く前に相談してみて、比較検討するのはありです。

トラブルが心配な方は、消費者庁の「消費者契約法」を確認しましよう。
国民生活センターの「消費者ホットライン窓口」もおすすめです。

シェアしてね!
もくじ