リアルな実体験!福岡でフリーランスエンジニアになるには?エージェントを使わず未経験の初心者からエンジニアになった方法

IT未経験で何のスキルもなかった私ですが、現在フリーランスエンジニアとして働いています。フリーランスとして働きながら、現在は、フリーランスのエンジニアとしてよりスキルを得るための修行としてweb製作会社で働いています。

どのようにITスキルを身に付け、エンジニアになれたのか?私の実体験を元に紹介していきます。

私がなぜフリーランスエンジニアになろうと思ったのか?

簡単に言うと、「ノマドワーカーに憧れたから」です。旅が好きで、海外にもよく行っていました。前職の時も有給を使いながら旅行していたのですが、やはり時間は足りず行ける範囲に限界がありました。

そこで知ったのがノマド的働き方。ノマドワーカーは既に多く存在していて、しかもその大半の人が仕事にしているのがIT関係。PCがあればどこでも働けることからノマドワーカーに向いているのようです。

それならまずはITスキルを身に付けようと思った私は、未経験でも手っ取り早くITスキルを身に付けることができる「IT留学」に参加しました。国はフィリピンのセブ島。半年間滞在してITスキルと英語を学びました。

留学中、フリーランスエンジニアになるにはまず実際の現場を経験した方が早いと考え、Twitterで採用募集していたweb製作会社の社長のツイートを見てコメントを返して応募しました。

いずれはフリーランスエンジニアになりたいという向上心を買ってくれてか、運良く採用が決まりました。現在の職場ではフリーランスエンジニアとしてやっていけるよう、仕事も対応もフリーランス同様に接してくれています

フリーランスエンジニアになって感じた4つのリアル

1.フリーのエンジニアはネットで仕事完結できて旅しながらでも働ける

フリーランスであれば、仕事のやりとりは全部ネットで完結することができる。だから仕事する場所を選ばない。家での在宅ワークでもいいし、Wi-Fiさえあれば海外を旅しながら仕事することだってできる。働く時間も場所も全部自分で自由に決められる。企業に所属していたら絶対にありえない働き方です。

しかも最近、福岡ではフリーランスの活躍が活発になってきています。私の周りの知り合いを見ただけでも十数名はフリーランスです。働き方改革などを待っているより自ら行動した方が断然いい。自分の好きな場所で好きな時間に仕事ができるのはフリーランスの特権です。

2.フリーランスエンジニアはタスク管理が重要である

フリーランスエンジニアになると、企業勤めの時とは違ってすべての仕事を自分で管理しなければいけない。また仕事の責任はすべて自分に降りかかってくるため、タスク管理がとても重要になってきます

仕事や案件も自分で取る必要があり、連絡ミス1つで案件がポシャることもあります。風邪を引いて寝込んでしまうと、その分仕事ができずに収入も比例して減っていく。フリーランスエンジニアは自由度が高い分、自己管理・タスク管理ができない人には向いていないかもしれません。

しかしタスク管理さえしっかりすれば、仕事獲得の量に比例して収入も増えるのがフリーランスエンジニアの嬉しいところ。自分のこなす案件によっては年収1000万円も夢じゃない。

3.福岡はフリーランスエンジニアが少ないので穴場

フリーランスエンジニアは福岡ではまだ少なくて、女性は特に少ない。逆に言うと穴場なのです。女性のフリーランスエンジニアは男性に比べて、細かな指摘ができたり、丁寧な仕事ができるので重宝されやすいんです。

まだまだ男性フリーランスエンジニアが多い中、女性でかつフリーランス、しかもエンジニアと言うだけで一目置かれるのは間違いありません。それだけで仕事は取りやすくなるし、年齢が若ければ若いほど男女ともにフリーランスエンジニアは目指す価値があります。早くからフリーランスを経験し、実績を積んでいけば信用も自然とついてきます。まだフリーランスエンジニアの少ない福岡がチャンスです

4.福岡エンジニアは仕事が取りやすい

福岡のエンジニアはITの仕事は取りやすい。福岡の人は人懐っこくて人情味に溢れている人が多いことから、繋がりや人脈さえ作れたら、仕事をくれる人がほとんど。さらにその人が別の人を紹介してくれて次の仕事に繋がって、そしてまたさらにその人が…といった感じで仕事が取れるようになる。

人脈作りが苦手な人や人脈の広げ方が分からないという人は、ITのイベントや交流会などが福岡では頻繁に行われているので参加してみるといいかもしれません。名刺交換して自分を売り込みアピールしておくだけでも、次の仕事に繋がっていくのが福岡に良いところです

福岡でエンジニアになるためのおすすめエージェントまとめ


1.転職のリクルートエージェント

誰もが知っている求人サイトと言える「リクルートエージェント」。業界トップの求人数を誇ることで知られているので、まず最初に登録してみることをおすすめします。

自分では聞きづらい年収・必要なスキル・未経験OK・年齢などの条件交渉は代行して行ってくれます。転職成功実績No. 1というだけあって、履歴書の添削や、満足度99%の面接力向上セミナーの実施などの手厚いサポートを受けられます。

どこよりも豊富な転職ノウハウと豊富な選択肢が揃っているため、納得感の高い転職活動をしたい方にはぜひ登録してほしいエージェントです。

>>転職のリクルートエージェント

2.ワークポート

IT業界に絞って転職したいなら「ワークポート」がおすすめ。設立当初からIT業界・ゲーム業界を専門に扱っているため、IT業界への転職に強いエージェントです。

コンサルタントにはIT業界出身者が多く、スキルや仕事内容などをしっかり理解した上で最適な提案をしてくれる。IT業界・職種のスペシャリストが揃っているのが魅力の1つです。

またIT業界に精通しているエージェントだからこそ得られる求人も多く保有しています。保有している求人情報のうち約70~95%が一般には公開されていません。エンジニアへの転職をするならワークポートへの登録はしておくべきです。

>>ワークポート

3.Switch

Facebookで登録するだけで簡単に転職活動ができる新感覚スカウト型転職アプリ「Switch」。Facebook上で誰にも知られる事無く無料で簡単・気軽に転職活動が出来るという新しい求人サイトです。web業界に特化しており、毎日企業からいいね!が届きます。登録もFacebookログインで簡単にできちゃいます。

自分から求人情報を探しに行かなくても、毎日どこかしらの企業から求人情報が届き、Facebookを見るようにサクッとチェックできるのはありがたいですよね。

また、企業とのマッチングが成立したらチャット形式のメッセージのやりとりができるようになり、ポートフォリオなども送ることができます。時間を効率よく使って転職活動したい人におすすめのエージェントです。

>>Switch

Pokerface

Pokerface

ポーカーface。福岡在住のマイペースブロガー。人見知りを隠すうちにポーカーフェイスになっていた。ガラスのハートながらも好奇心旺盛な性格。旅行、グルメ、バスケ、音楽、カメラ、ブログなど多趣味。「自分らしく笑える生き方」を探して【ポーカーfaceが笑うまで】を運営

あわせて読みたい