【コスパ最強生活】オールウェイズドリンクでカフェを1ヶ月使ってみた感想!福岡でalways drinkを月3,828円で使い放題した

コーヒーを飲みに、友達と話しに、勉強をしに、仕事をしに…。カフェの利用目的には様々なものがありますが、これまでカフェを一度も利用したことがないという方はいないといっても過言ではないほどに、日本でもカフェ文化が広がってきました。それに伴ってコーヒー豆にこだわったカフェ、おしゃれなコンセプトのカフェ、電源やWi-Fi完備のノマド向けのカフェなど、多種多様なジャンルのカフェがどんどんオープンしています。
そんなカフェが定額制で利用し放題になるサービス「alwaysDRINK」をご存知でしょうか?今回はとてもお得なこのサービスを利用してみた感想や、どれぐらいお得になったのかといったことをご紹介していきます。

 

alwaysDRINKとは?オールウェイズドリンクは月額料金は3,828円?

そもそも「alwaysDRINK」とはどのようなサービスなのかについてご紹介していきます。このサービスはずばり、カフェのサブスクリプションサービスです。近年耳にするようになってきたサブスクリプションサービスですが、定額の金額を支払うことで特定のサービスを決まった回数使えるようになったり制限なしに誓えるようになったりするサービスです。身近なものでは、動画配信サービスの「Netflix」や、音楽配信サービスの「Spotify」の有料会員といったサービスがこのサブスクリプションサービスにあたります。

カフェのサブスクリプションサービスの内容はいたってシンプル。サービス加盟店でのコーヒーが飲み放題になるというものです。利用できる店舗については後程詳しくご紹介していきますが、作業にぴったりな電源、Wi-Fi完備のカフェから、中国茶のお店まで様々です

(※「alwaysDRINK」は現在サービス内容が変更になっており、月額料金が2,000円(税別)から3,480円(税別)へと変更になったほか、利用回数についても制限なしで利用可能だったものが30分に1回と変更になっております。本記事ではサービス内容変更前段階での利用についてご紹介しておりますのでご注意ください。)

 

利用できるカフェのラインナップは?おすすめの店舗は?

2019年12月現在利用できるカフェは福岡だけでも26店舗あります。福岡のカフェチェーンで有名な「ハニー珈琲」や、ベトナムコーヒーのお店までコーヒーだけでもそのラインナップは多岐にわたります。また、コーヒーが苦手という方も安心してください。中国茶のお店や漢方茶のお店もありますし、お店によっては利用可能ドリンクにコーヒー以外のドリンクが含まれているお店もあります。

さらにビールやハイボールといったアルコール飲料が利用可能ドリンクとして提供されているお店も…!
カフェの利用は時間がなくてなかなか難しいという会社員の方でも、alwaysDRINKを利用して仕事帰りに寄り道して晩酌を楽しむことができます。

alwaysDRINKは使うべき!?そのメリットとは

alwaysDRINKの魅力はなんといってもその料金!月額2,000円でカフェが利用し放題になるのですが、その料金は何もコーヒーに限ったことではありません。ノマドワーカーであればコワーキングスペースでしていた仕事をカフェで仕事をすれば2,000円でドリンク飲み放題のコワーキングスペースが利用できるということにもなります。

もちろん、ノマドワーカーでなくてもかなりおすすめのサービスです。
このサービスは店内で飲むことはもちろん、テイクアウトがOKのお店も多く、さらに時間も早いお店は6時や8時からオープンしているところもあります。仕事前にお店によってコーヒーをテイクアウトし職場へと向かうことで、毎日家で入れているインスタントコーヒーをお店で入れてもらえる美味しいコーヒーに変えてすっきりした気持ちで仕事へ向かうという利用の仕方もあります。

さらに先ほどご紹介したように、お酒を提供している飲食店や、夜遅くまで営業しているカフェも利用可能店舗に含まれています。遅くまで仕事が詰まっているノマドワーカーが夜まで作業できるスペースを確保できることに加え、仕事終わりに一杯お酒を飲んで帰ったり、仕事終わりにカフェでゆっくり本を読んだり自分の時間を楽しんで家に帰りたい会社員の方も利用できる時間帯なのも嬉しいポイントです。

さらに、alwaysDRINKでは登録すれば福岡以外で利用することも可能です。
現在このサービス利用可能店舗やサービス利用可能都市は現在どんどん増えていっています。サービス開始当初は利用可能店舗が10店舗ほどだったサービスも約2.5倍の26店舗に店舗数を増やしただけでなく、はじめは福岡と京都の2都市でのみ提供されていたサービスも、現在は東京と大阪の2都市を加え、全国で約70店舗ほどのお店で利用が可能です。

 

1ヶ月使ってどれぐらいお得になった?

ここからがおそらくみなさんが気になるところ…!一体1か月でどれぐらいお得になったのでしょうか…?

1か月に利用した回数はおおよそ1日にコーヒー2杯でした。もちろんもっと利用した日があったり、1杯も利用しなかった日もあったりしたので平均で1日2杯ということにしましょう。そうすると1か月で60杯コーヒーを飲んだ計算になります。コーヒーをカフェで飲むとおおよそ1杯400円前後ということを考えると1か月にかかる金額は24,000円。
サービスを利用した10月時点では利用料金は2,000円(税別)だったので20,000円以上お得になったと言えます!

もちろんこれは最大限に利用した結果ですが、毎日使わなくても月に6回でも利用すれば元が取れる計算です。

冒頭にもお話ししたように、料金が12月から3,480円(税別)に値上がりしていますが、それでも8~9回利用すれば元が取れるので、毎日コーヒーを飲む方や、お酒が好きな方にとっては十分にお得さを味わえるサービスなのではないでしょうか。

オールウェイズドリンクはこんなデメリットも…

ここからは「alwaysDRINK」のデメリットについてお話ししていきます。
デメリットといっても、大きなデメリットはありません。しいて挙げるとすれば家の近くであったり、電源がある、Wi-Fiがあるという設備面が充実しているカフェに行きがちになってしまうので、お店の常連さんになってしまうという点です。これがメリットになるかデメリットになるかは人それぞれだとは思いますが、デメリットだと感じる方は他のお店も均等に利用してみたりと工夫してみてくださいね。
また、30分に1杯コーヒーが飲めるのでコーヒーの飲みすぎでフェイン中毒にならないように注意してください…!

ランチ食べ放題の「alwaysLUNCH」と組み合わせてコスパ最強のサブスクライフ!

今回ご紹介した「alwaysDRINK」、サービス内容が一部変更にはなっていますが、それでもお得感は十分自味わうことができる吸てみなサービスだと言えます。alwaysが提供しているランチのサブスクリプションサービスである「alwaysLUNCH」と併せて利用すれば月額10,000円ほどでカフェ代金とランチ代金を賄えてしまうのでかなりコスパのいい生活を送ることができるのではないでしょうか。
気になる方は1か月だけでもお試しに使ってみて、ご自身のライフスタイルとの親和性を確かめてみてくださいね!

愛優

愛優

福岡県大野城市出身。高校卒業までの18年間を福岡で過ごす。 大学卒業後旅行会社に就職するも、大好きな旅と生きていくために仕事を辞めタイへと移住。現在ライター、フォトグラファーなど様々な分野で活躍中。

おすすめ